生後もうすぐ2ヶ月

長らく放置してましたブログ。

d0257177_18272998.jpg

↑ほっぺたが落ちそうです(笑)

おかげさまで9月14日に無事女の子を出産しました!
巨大児と予想されていましたが、3346gと普通?でした(^^)
そして超安産でした!
陣痛が始まってから3時間かからないほど。
しかしやっぱり痛いもんは痛かった(;Д;)!!!!
旦那に立ち会ってもらっていたものの、なんかイライラしてきて途中から母に交代してもらいました。
(上の子の時もそうだった(苦笑))
途中で「もうやめるーーー!!!」と何度叫んだか。
「赤ちゃんも頑張ってるんだから!!と助産師さんや母に怒られつつ。


陣痛よりもキツかったといってもおかしくないのが、股関節の固さでした。
足が開かない。閉じて産みたいーーー!と分娩台で訴え続け、助産師さんと母に「足っ!足っ!!開きなさいいーっ!!!」と足を押さえつけられていました。
ヨガに行ってた時も固くて基本ポーズすらできなかったもんな。
足を開かないと赤ちゃんが苦しい上に出てこられないそうです。
出てきてくれた時は、「やっと足が閉じれる~~( ;∀;)」と本気で安心しました。


お腹の中にずっといた赤ちゃん。
無事生まれてきてくれて本当に嬉しかったけど、一心同体だったのにもうお腹にいないのがすごく寂しいです。。。今でもとっさにお腹をかばってしまったりしてしまいます(汗)
ブヨブヨに伸びきったお腹をどうにかしなくては・・・と思いつつ、妊娠中に我慢をしていた間食を思いっきり解禁しております(泣)


つらつらと書いておりますが、もう2ヶ月前の話。
すごく早い(>_<)!!
毎日めまぐるしく時間が過ぎ去っていきます。
・・・が、なかなか楽しいです。2人目は楽とよく聞くけど、その通りかも。
お兄ちゃんの時はちょっと神経質になってたから余計そう思うのかも。


しかしお兄ちゃんの赤ちゃんがえりがヒドイので、これがなかなか大変で赤ちゃんより手がかかります。
またお兄ちゃんの事も記録がてら書いていきたいな。色々悩みはつきません(汗)でもいつも知らないうちに悩んでる事を忘れてしまうので大丈夫です(笑)

↓ハロウィンパーティーにも行ってきましたよー。(ちなみにお兄ちゃんはマリオになりました。)
d0257177_18274872.jpg

えーっと、とりあえずこのブログを読んでくださってる方に遅くなりましたが報告でした☆彡
今後共よろしくお願いします。
[PR]
by mitukerukurashi | 2013-10-24 22:48 | ●自分 | Comments(3)
Commented by Keita at 2014-01-25 04:05 x
久しぶりに書いてくれましてね。まずはおめでとう元気そうね母子と共に!ADDのも読みましたよ、それはそれでみんなよくある事が多いのでよく分からないけど私も結構当てはまってますよ。まぁ人間らしくていいんじゃないの?もう33歳やし80まで生きたとしても47年か。。。
案外早いから、やりたい事しておけばいいと思うのであんまり気にしない方がいいよ。しかしh寒いですー20度ですよ。昨日はアメリカ南部から出張で帰ってきたけどー5度くらいやったわー。
Commented by mitukerukurashi at 2014-01-25 11:27
ケイタ
ありがとう。
ADDも長文なのに読んでくれたのね(^_^;)ありがとう。
誰でも少なからず当てはまる特徴よね、だから私は今まで人間こんなもんと思って過ごしてきたよ。
だけど、どうもこうも思ったようにいかない事の方が多くて(´Д`;)

私もやりたい事して過ごしたい!!でもやりたい事を見つけられず(汗)
ただ1日1日を過ごすだけで精一杯だわ。勿体無い人生(ガーン)
もっと視野を広げたいなぁ~。
この前TV番組でパリで水上生活(船)をしている人たちの特集をしてたけど羨ましかった。できるもんならしたいなぁ。私も海外に住みたい。

あらけは充実してそうやね(^^)
極寒の地は辛いけど仕事うまくいってるんやね。どこに行ってもあらけはあらけな感じがして尊敬するよ。
どうやったらそんな風になれるん(笑)?
色々面白い話を聞きたいわ☆彡
Commented by keita at 2014-01-30 02:31 x
船の上は酔いそうやね。嫁さんの友達が小さいころアメリカで船の上で生活してたとか言ってたわ。案外北米はそういう人いるんやね。琵琶湖やったら波が無いしその気になれば生活できそうね。やっぱカナダは良いわ、タイ、中国、香港と暮らしてきたけど、自然環境、治安、人の良さなど総合的にカナダが良い。もちろん日本もかなり良いけどまぁ住むところは恋愛と同じで最終的に行き着いた終点でそれはそれで良い悪い別として終点って感じやね。


<< 私はADDかも① XIV京都八瀬離宮(部屋編) >>