<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ADD、ADHDの方向け(洗濯物編)

連日ADDネタが続いておりますが、一応これでも整理収納アドバイザー(笑)なので書いておこうと思います。私もそうですが、結構ADDの方のブログを拝見していると洗濯→たたむ→なおすという一連の流れが苦手な方が多いと感じています。
---------------------------------------------------------------------
・洗濯でいうと、色分けしたり、ネットに入れたり、洗剤の量を守ったり、タグに書かれてる表示を守ることができないのではないでしょうか?

・何回かに分けて(数日かけて)洗濯してもいいはずなのに、1回で洗濯したいと思い、出来ないとわかればそれだけでやる気が失せる。(変に完璧主義者)
※これはあるブロガーさんの記事を読んであるある!!と共感しました→http://adhd-lifehacks.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/adhd-03c6.html(ここに書かれてる記事すべて共感できます(´Д`;)!)

・干す作業においても、パンパンと叩くのが面倒、まっすぐ干せない、袖がまるまったまま、陰干しができないなど。

・畳む作業においては、なかなか畳めず時間が過ぎて行き洗濯の山の中から取り出して着たり・・・畳んだとしても綺麗に畳めないのでははいでしょうか。

・なおす作業においてはこれが一番厄介で、なおしに行かない。なおしてもすぐ引き出しの中がぐちゃぐちゃ。
だから結局なおしてもなおさなくても良い状態になり、放置という感じでは。

----------------------------------------------------------------------

ここまで酷くない!という人もおられるでしょうが、私はまさにこんな状態でした。
アドバイザーとしてありえない状態です。
でも、やり方を工夫すると少しはマシになるもんだと最近気づきました!


別に片づけないからといって死ぬ訳でもなので、片付けたいのに片づけられない人だけ読んでください。
それは。

『収納しながら畳む』という方法です。

今までは洗濯物を取り入れて、その場でたたんで収納しに行くという方法でしたが、まずなかなか畳まない上に畳んでも収納しに行かないという現状でした。
そんな方には収納しながら畳むという方法は以外にオススメです。


①取り入れてからまず、各収納別に分けます。
②分けた一つ分をもって収納場所へ移動。
③畳みながらなおす



すると早いスピードで山が減っていくのを見られるのでやる気になります。
畳まなかった放置された山積みの洗濯物から洋服を探さなくてもすみます(笑)
たとえ③ができていなくても、収納場所の前まで行けば小さな山から探せば良いだけです。


どうしても畳むのが苦手という方は、掛ける収納のほうが楽だと思います。
引き出しを開けて探すという手間が省けるから。
収納スペースは必要になるけど、Tシャツもなにもかも掛けられるものは掛けてOKというmyルールを作るのも手です。
(しかも洗濯物をハンガーごと取り入れてかけるだけにしておくなど。)


洗う事に関しては、細かいことは気にしないようにする。
基本、表示は無視です(笑)手洗いと書かれていても結構洗濯機で大丈夫です。


そのかわり、大切な服やお高いものはすべてクリーニングです。
これもまた、クリーニングに出したままで取りに行けない。取りに行っても伝票を失くしているという結果になっている事でしょう。
そんな時は親や家族を頼っても良いと思います。取りに行ってほしいと。
なので頼れる人がよく行くスーパーなどに入っているクリーニング屋さんを選ぶべきです。
頼る人がいな場合は近所のクリーング屋さんなら自宅に持ってきてもらえたりします。
ネットで登録できる宅配のクリーニングもあるので活用できるものはしたほうが良いと思います。
まぁ、クリーニングに出したものが返ってきてもそれをいつまでも直さず放置という場合がほとんどですが(苦笑)


アイロンかけもできないので、クリーニング任せです。
シワになりにくい服を着るという手もありますが、おしゃれも楽しみたい場合はなかなか難しいので。。。
今は着る直前にアイロンがけするものの、アイロン台とアイロンをずーっと片づけられず放置してしまいます。
今はかける機会がほとんど無いので良いんですが、会社勤めの時はアイロン台を片付けられないのもストレスになり辛かったです。なので、立ってかけるアイロン台(足が長いタイプ)を出しっぱなしにしていました。
一度座ったら動けなくなるので立ってかけます。
取り入れたものをアイロンがけする作業が面倒(山積みになった洗濯物の中からシワになったシャツをかけても、なかなかシワがとれない)なので、干す前の濡れた状態でかけていたことも。
まぁ、アイロンがけはかなりのストレスになるので自分ではしなくて良いと思います(苦笑)


干す作業においては、ピンチハンガー(洗濯挟みがたくさん付いているもの)をフル活用します。
1枚ずつハンガーに干すのが面倒だったり、まっすぐ干せなかったりする人は、洋服の裾や襟をピンチで挟んで干しておけばとりあえずは乾きます!
(ニットなんかは伸びるのでダメです・物干し竿にバサっとかけるだけにしてます)

------------------------------------------------------------------------
フツーの人からするとなんてズボラで無頓着な!!!と思われることでしょう。
でもADD(ADHD)の人にはとても体力と気力が必要な事なのです。
私の場合は変なところが潔癖なので、漂白剤をよく使用します。だから洗う事に関してはまだ丁寧な方だと思うのですが、洗った後が大変です。
少しは参考になったでしょうか。。。
整理収納の本やセミナーもたくさんありますが、どれもこれも基本ができての話が多いです。
やろう!という気力がまずわかないと何も始められないし、いざ始めてもアドバイス通りにうまくいく事のほうが珍しいので結局は自分で合ったものを見つける方法しかないと思います。
特にADD(ADHD)の方はすごく悩んでいることでしょう。。。
身をもって気持ちがわかるので、いつかADDの方向けに整理収納のセミナーを開ければ良いなと考えています。
[PR]
by mitukerukurashi | 2014-01-24 12:04 | ●整理収納・そうじ | Comments(4)

私はADDかも①

最近、ブログの更新が止まっていた理由が2つ。

①忙しい(実際にはそれほど忙しくない)
②息子の行動に見て見ぬふり、現実逃避?してしまっていたから。


②の息子についてはのちのちUPしようと思いますが、①の忙しい理由として私はやっぱりADD(注意欠陥)だと思うんです。


なぜそう感じるかというと色々あります(汗)
最近でいうとようやくPCの無線ランの接続設定をしていたのですが、なぜかうまくいかない。
今日中にする!と自分の中で決めていたのに出来ないものだからイライラ。
家事が溜まり、子供たちは放置状態。優先準備を考えられなくなります。


ADDの方のブログにこんな風に書かれていたのを読んで、まさしく自分だ!!と思いました。
”例え予定が狂っても、頭のスイッチを切り替えて柔軟に対応すべきだと思いますが、どうも苦手です。”

切り替えが苦手で、誰かに止めてもらわないと永遠にPCの前に座っていると思います。
旦那に「いい加減夕飯作ったほうが良い。」と言われ私が返した言葉は今考えるとヒドイ。
「だいたい、最初から無線にしなからこういう事になる!食べることばっかり!!これが終わらないと作れないっていうか作ってよ!うんぬんかんぬん・・・」


冷静に考えたら、次の日幼稚園だし早くご飯食べさせてお風呂入れて、早く寝かせないとダメなのに。
母親失格(泣)
この時はそう思っていても出来ない(;_;)
なんでここまで執着するのか自分でもわからなくて余計にイライラ。
はぁ。。。
こうなる事が予想できたので、最初は旦那に設定を任せていたのに。
出来ない旦那にイライラして、私がやる事になりこうなるハメに。
結局、設定もうまくいかずまた今週末に再チャレンジです。
時間を決めておいて出来なければ業者に託すことにします。


こういうことが日常茶飯事なのです。


今日も早朝5時に授乳だったので、そのまま起きたので家事がいつもより出来そう~!なんて思いつつ、銀行と灯油を入れに行っただけで半日が過ぎて行きました(汗)
洗濯すら干せていません。。。
いつもに予定がプラスされただけで、たいした予定でもないくせにとてつもなく疲れてしまうんです。
友達と会ったり、買い物したりと自分にとって楽しい予定が入った時は大丈夫なんですが(^_^;)

用事も一度やったら早いのですが、取り掛かるまでに時間がかかります。
そして、あれもこれも気になってきて1つのことが終われない。

例えば洗濯物を干していて電話が鳴ったとして、知らぬ間に電話周辺の片づけが始まってしまい、洗濯を干すことを後回しにしてしまい気づけば夜になっている・・・というような感じです。

とあるブログにもこんな風に書かれていました。

”ADD傾向を持つ女性は、たとえば仕事が一段落しても、少し息抜きしてもいい状況になったとしても、頭の中には「やらなければいけないこと」や「思いつきのアイデア」が飛び交い、「余裕」「ゆとり」などという時間はなかなか持てないのです。”

”一部のADD女性は、さまざまなことを「する」ことは可能です。
ただ、それにかける労力が膨大なのです。
一つのことをやり終えただけで、それはもう精根尽き果てたようになります。
定型発達の人たちから見れば「たかがそれだけのことで」と思うような些細なことで、です。”


まさしく私のことだ(´△`)!!!!!
他人に話すと何も忙しくないほどのことを、私がするとものすごく忙しくて、ものすごく疲れてしまう。
アイディアや楽しいこと、好きなことを考えると猪突猛進してしまい周りが見えなくなる。
時間だけがどんどん過ぎ去り後悔の渦に飲み込まれ自己嫌悪。
ADDの人は自己評価が低いと言われてるけど、その通りです。

ADDっぽいなぁと感じていることが他にもたくさん。
□人の顔が覚えるのが苦手
□名前を覚えるのも苦手
□話を最後まで聞けない
□聞いてもすぐ忘れてまた聞きなおす
□提出物の期限を守れない、もしくは紛失する
□失くし物が多い
□片づけが苦手
□切り替えが下手
□ケアレスミスが多い
□遅刻が多い
□普通の生活だけで疲れる(やたら眠い)
□よく怪我をしていた
□友達によく”個性的”や”天然”、”変わっている”と言われていた
□話しているうちに話がずれていく(何を話したかったのかがわからなくなる)
□1人が気楽で好き(人付き合いも嫌いじゃないけど)
□家を出る前の準備はむしろパニック状態
□自分に甘い
□成績が悪かった(特に高校時代)

息子のことを調べていくと同時に前から気になってはいたけど、認めるのがなんだか恐くてというより
面倒で放置してきました。
でもADDの方のブログなんかを読むと本当にどれもこれも自分に当てはまることが多すぎです。
一度カウンセリングを受けようかと思っています。
子供と夫はもちろん、周囲に迷惑をかけているような気がするし何しろ自分が一番しんどいです。
[PR]
by mitukerukurashi | 2014-01-23 11:58 | ●自分 | Comments(0)