毛布が大好き!でも靴下と帽子は嫌い

今は持ちたい時や寝る時だけ持つようになった毛布。

いつからかな~、0歳の秋(生後4、5ヶ月)から毛布を持つとピタっと泣き声がおさまりました。
毛布を口元にくっつけてモゴモゴとしていました。(今でも)

まさしくスヌーピーにでてくるライナス!
d0257177_16572648.jpg

ちょうど1歳になる前に私が働きに出るようになり、保育園へ預ける事になりました。
毎日自分より大きな毛布をかかえて通園してました(汗)
そのうち先生から支持があり、小さく切った毛布を布団用のバイヤステープで始末しゴム紐を通したものを毎日首からぶらさげて過ごす事になりました(;´∀`)
少しでも毛布を触っていないとソワソワして、ひどい時にはパニック状態でした。

その頃の息子はママより毛布でした(;・∀・)

そんな毛布も一番のお気に入りができ、ここ2年ほどは同じ毛布を持っています。
一度、道に落としてきてしまった事があって必死で探しことが。
なんとか見つかり泣いて喜んでいた息子。家族同然なんだなぁって思いました。

とりあえず、今は幼稚園には持っていかないですんでいるのでよかった。
(幼稚園へ行ってる間に洗濯してます(T▽T))
帰ってきたら一目散にもーちゃん(毛布)のところへ行きますが(苦笑)


”アスペルガー 毛布”で検索してみると出るわ!出るわ!
どうやら感覚の偏りが原因らしいです。

靴下も同様で、履かせてもすぐ脱いでいました。
真冬でもおかまいなしです。

帽子も最近はマシにいなってきましたが基本嫌がります。
幼稚園の帽子もイヤイヤかぶってるみたいです。

触感だけでなく感覚の問題は他にも色々当てはまる事が・・・。
集団生活をしていく上でこれからもたくさん出てくると思います。
どう対処していけばいいんだろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

[PR]
# by mitukerukurashi | 2012-06-01 00:05 | ●広汎性発達障害/息子のこと | Comments(0)